Skip to main content

アリモテック  Arimotech Ltd.

  Creating numerical models for societies
ホーム
会社紹介
コンサルテーション
MUSIMAP
CES EduPack
熱伝導逆問題解析ソフト
イベント
ワーキンググループ
Ashby教科書翻訳出版準備会
お問い合わせ
English-Arimotech Home
English-MUSIMAP
Contact us
リンク
サイト マップ

 Ashby教科書翻訳出版準備会について

 

   Cambridge大学のAshby教授は,材料科学の分野における各種の研究によって日本でも古くから知られています.一方で材料に関する教科書を精力的に執筆されており,その一部は翻訳されて材料工学入門正しい材料選択のために材料工学材料の理解と活用のために,および機械設計のための材料選定のタイトルで出版されています.

 

  これらの翻訳書の刊行後も,Ashby教授は,該当書の改訂だけではなく,全面的な書き直しや新規の分野に対する執筆にも精力的に取り組まれてきました.そして,現時点で,以下の4種の材料教育に関する教科書を世に送り出されています.

 

l   “Materials: Engineering, Science, Processing and Design”, 2nd Ed., 2010: M. F. Ashby, H. Shercliff and D. Cebon.

l   “Materials Selection in Mechanical Design”, 4th Ed., 2010: M. F. Ashby.

l   “Materials and the Environment: Eco-informed Material Choice”, 2nd Ed., 2012: M. F. Ashby.

l   “Materials and Design: The Art and Science of Material Selection in Product Design”, 2nd Ed., 2010: M. F. Ashby and K. Johnson.

 

  これらの教科書は,学校教育だけではなく,研究者や技術者が自らの知識を再構築する際にも用いられています.なお,Ashby教授が教科書で解説された材料に関するユニークな教育手法は”Ashby法”と呼ばれています.

 

  さて,日本におけるAshby教授の教科書の翻訳は,ある時点からその改訂や新規出版への対応が滞ってしまっています.これには種々の理由があると思われますが,図版がすべてカラーになったことも影響しているかもしれません.

 

  ここ数年の間,Ashby法による材料教育が世界的に普及してきているという現実があります.しかし,日本ではこれを英語のままで受け入れることは難しいということで,少なくとも最新のAshby教科書の早急な翻訳が待たれる状況となっています.一方,出版形態の進歩の度合によっては,この種の翻訳書が出現する条件が早期に整うことも考えられます.そこで,発起人らは,“Ashby教科書翻訳出版準備会を設立し,その実現に向けて地道に活動していくことを決意いたしました.

 

発起人代表

 

20115

 

  本会の詳細についてお知りになりたい方,また本会への参加をご希望の方は,()アリモテック有本享三(本会の幹事)までご連絡ください.