Skip to main content

アリモテック  Arimotech Ltd.

  Creating numerical models for societies
ホーム
会社紹介
コンサルテーション
MUSIMAP
CES EduPack
熱伝導逆問題解析ソフト
IHCP1D
PROP1D
イベント
ワーキンググループ
お問い合わせ
English-Arimotech Home
English-MUSIMAP
Contact us
リンク
サイト マップ

Program for Estimating Thermal Properties

from One Dimensional Transient Temperature and Heat Flux Measurement

PROP1D:熱物性の予測

 

概要

 

   PROP1Dは,内部の温度変化と表面の熱伝達特性から熱物性を予測するソフトです.平板の両側面から熱が伝達するという単純な熱伝導問題を用い,PROP1Dの機能を説明します.まず,PROP1Dが求めるべき答えを先に示しておきます.

 

機能と計算例

 

  厚さの無次元量が2である平板の1/2モデルにおいて,表面の熱流束q+を無次元量1でステップ状に上昇させた場合について考えます.また,熱伝導率kおよび熱容量(密度と比熱の積ρc)はそれぞれ無次元量の1であるとします.この問題は解析的に解くことができ,図1に示すように,板の表面(x+=0)と中央(x+=1)において温度の無次元量T+の変化が得られます.

1 平板の表面(x+=0)と中央(x+=1)での温度変化(解析解)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  さて,PROP1Dに対して図1に示した板の表面(x+=0)と中央(x+=1)での温度変化を指定し,熱伝導率kおよび熱容量(密度と比熱の積ρc)を求めてみます.その結果,図2に示す画面には,熱伝導率と熱容量の無次元量がそれぞれ0.99885±0.00350.99802±0.0015と表示されました.解析解では,これらに対して1を用いたので,PROP1Dはほぼ同じ値を予測したことになります.

 

2 熱物性値の表示画面